2020年07月30日

雨の4泊・道東でキャンプ 〜 長靴が脱げない5日間

7月の4連休、行き先は道東・太平洋のいつもの場所。
GWには自粛で行けなかったので、今年初のホームグ
ラウンドです。

22日夜、仕事終わりからの出発。
26日までの4泊を満喫してきました。

当初は3泊の後、移動して帰路途中で1泊のつもり
でしたが、面倒くさくなって延泊。

ジックリと野営生活を満喫してきました。

尾岱沼.4.jpeg

続きを読む
posted by 石川やあこふ at 19:00| Comment(0) | 2020 Camp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

ポータブル電源を導入して見た 〜 JACKERY 518Wh JVC

今やキャンプにおいても何かしらの電源は必要。
我が家の場合はiPhoneとスピーカー,LEDランタンや
ヘッドライトくらい。

どれも消費電力は少し。

キャンプ中充電が必要なのはiPhoneくらい。
だから、充電用のバッテリーも小さなもので足りてい
ました。
車からも充電できるし、不便は感じていなかった。

でも最近、妻がパソコンを持ち込みたいと言い出した。
となると、それなりの電源が必要。

「ポータブル電源」でgoogle先生に聞いてみると、
沢山ヒットする。

パソコンへの給電が可能なものとしても1万円代から
10万円を超えるものと様々。

値段の差はバッテリー容量の違いと思って良さそう。

ランキングを見ても5万円前後が売れ筋みたい。
バッテリー容量300〜500Wh位が目安か?

容量を絞って見ても、やっぱりたくさんあってどれを
選んで良いのかさっぱり判らない。

もう少し詳しく調べてみると、方向性が少し見えてきた。

ということで、機種を絞る基準は下記を満たすもの。

1、パススルー対応 ー 充電と給電が同時にできる
2、正弦波 ー パソコンなどの家電に使うなら必須
3、ソーラーパネルからの充電ができること ー 
  将来ソーラーパネルを購入したい。
4、国内認証を受けていること ー 沢山の商品の中
  には怪しいものもあるようで、見分ける目安とし
  て「PSE検査」に合格していることがわかるもの
  から選択しました。
  この選択肢を加えることにより、グッと絞りこめ
  ました。
  バッテリーは発熱や発火などの事故例がよくある
  ので、「PSE検査」は大切かと思う。

以上の条件でいくつかのメーカーに絞り込み、5万円
以下で入手できる、国内メーカー(正確にはタイア
ップ)ということで JACKERY JVC 518Wh を購
入しました。
週末の1泊キャンプでは出番は少ないと思うけど、
連泊キャンプでは重宝しそう。
真夏のキャンプに冷蔵庫の導入、なんてことも有り
かな。

JACKERY.jpeg


実際の使用感
サイズ 幅30×高さ19.2×奥行き19.3cm
重さ 6.1kg

大きさは想像通り、6.1kgっていう重さは意外と重
い。
でもハンドルが付いていて、片手で持ち運べるので
良しとします。

よく使うUSB端子×3、AC端子×2と使用に不便は
なさそう。

充電量が液晶で%表示されるので、残量がわかりや
すい。

518whの容量は我が家の場合現、時点ではオーバー
スペック。

一泊キャンプでiPhoneやLEDライトの充電に使って
も、充電量が4〜5%減るくらい。

ポータブル冷蔵庫やヒーターなどの消費電力の大きい
家電を導入しても無問題と思われる。
と言っても、導入予定はまだ無いけど。

唯一の不満はオートオフ機能がないこと。
充電するには給電ボタンを押し、ランプが点灯して
充電が開始されます。
給電先がフル充電になっても、ランプは点灯したま
ま。
しばらく経ってもランプは消えない。
ボタンを押してオフにしないといけない。
無駄に放電するわけではないけど、充電が終わったら
消えてほしい。

些細な不満点。

でもあとは満足。


夏場は、扇風機が欲しい・・・
冬にはヒーターで使うかな?



posted by 石川やあこふ at 19:00| Comment(0) | キャンプアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

夏キャン・海キャン 〜 美味しい!

2週続けて日本海でキャンプ。
雨に降られず、なかなかの好天・夏キャンプを堪能
してきました。

海1.jpeg


続きを読む
posted by 石川やあこふ at 19:00| Comment(0) | 2020 Camp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする