2019年03月10日

妻のバッグは憧れの・・・

pac.JPG

キャンプなんて嫌い。
アウトドアブランドなんて興味ない。
今年からキャンプには行かないから、一人で行って!
と言い続けて十数年、毎年春先にのたまう妻。

自称「シティーウーマン」の彼女。
腰を痛め、普段使いのバッグをショルダーバックからリ
ュックに替えて2年余り。

とりあえず気に入ったリュックが見つかるまでというこ
とで、ホグロフスのバックパックを持って2年が経つ。
結局、「シティーウーマン」風のリュックを持つことも
なく、ホグロフスは汚れが目立てきて、そろそろ新しい
のが欲しくなる。

女性が普段持ち歩くには少々汚い。
でも作りがしっかりしているからへたることも、ほつれ
ることもなくバリバリ使える状態。

そういえば、息子が高校の3年間通学に使ったシェラデザ
インのバックパックも汚いけど、バリバリ使える状態。
捨てるには惜しいので、箪笥の肥やしになって久しい。


アウトドアブランドのバックパックはどれも作りがしっか
りしている。
普段使い位ではなかなか痛まない。

最近、妻が新たに選んだのはミステリーランチのアーバン
アサルト。

なかなか硬派なバックパック。
私が欲しかった。

「シティーウーマン」の妻よ、そのバック、是非おさがり
の暁にはわたしに!

posted by 石川やあこふ at 19:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: