2018年04月10日

久しぶりにシュラフを買う 〜 モンベル ダウンハガー #1 650FP

テントなんかはちょくちょく買っているのに、シュラ
フは何年も買っていない。
今でこそ妻とのデュオキャンですが、かつては4人家
族だった名残でシュラフの本数はそれなりにある。

数はあれども、バリエーションには乏しい。
夏用封筒シュラフとバロウバッグ、補助用のフリース
シュラフでおよそ3種12本。
メインはバロウバッグだけど、購入してからかなりの
年月が経っているので、本来の性能はもはや発揮され
ていない。
春や秋には単体では役不足。
暖かいシュラフが欲しいと思ってから何年も経ってい
ます。

買う!買う!と言いつつなかなか買わないのは何時も
の事なのですが・・・

ダウンハガー #1.JPG

続きを読む
posted by 石川やあこふ at 12:00| Comment(0) | キャンプアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

膨らむ妄想 〜 2018 A&F カタログ


またこの季節がやってきました。
新しいシーズンインに向けて、キャンプシーンの妄想が
膨らむ時期。
毎年のカタログ発行が楽しみな「A&F COUNTRY」

馳.JPG

今年も全 325ページあまりの内、約130ページが商品紹
介ではなくエッセイなどの読み物。
登山にはまった小説家、エッセイスト、写真家、冒険家
とその道のプロが綴るアウトドアにまつわるエッセイ。
とっても読み応えがある。

このカタログは来ると我が家のシーズンインが近くなっ
てきたと実感、そして広がる妄想。
とりあえずの物欲は置いといて、しばらくの間は今年の
キャンプシーンを想像して楽しみます。

長年表紙のイラストを描いていたジャック・アンルーが
亡くなり、今年度版から新たなイラストレーターが表紙
を飾っているのも興味深いところ。
A&Fのイメージはそのままに、少し柔らかなタッチのイ
ラストに個人的に好感!

2015.2018.JPG

近々の購入予定は旅用の肩掛け鞄。
キャンプ用品ではないけど、今一番欲しいものです。

目星はついているけど、実物も見てみたい。
次回の旅(3月の弾丸)までには入手したいと目論んで
います。
posted by 石川やあこふ at 13:00| Comment(0) | キャンプアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

トランギア ハーフパイントマグ 〜 Trangia Half Pint Mug Black Version

mug.JPG

その存在は知っていました。
でも、当時は物欲が湧かなかった。

基本的にはシェラカップの派生系。
金属の器に金属のハンドル。
ハーフパイント・0.24Lの容量で、サイズ的にもシェラ
カップと同等。
食器としても、鍋としても使えそうなカップ。
ただ、スタッキングは難しそう。

ブラックのカップにアルミのハンドルとビジュアル的
にはそそられるものがあれど、購入までには至らなか
った。

mug3.JPG

先日、何気に見ていたWeb Shop のセール広告。
かなりの割引率で販売されていたハーフパイントマグ。
よくよくみると、ただ黒いのではないと気づく。

マグ外側はペイントだけれども、内側はノンスティ
ック加工が施されているとのこと。
正確には「フッ素樹脂塗膜加工」
耐久性がどの程度あるのかは判りませんが、何故
だかノンスティック加工というワードに反応してし
まい、沸々と湧き上がる物欲。
しかも半額近いお値段。
買わないという選択肢はもう無い。

mug2JPG.JPG

実物を手にしてみると、内側と外側の塗膜は明らか
に違う。
内側は若干ザラつきがあり滑る感じがする。
この感じは MSR Blacklite と同じ様。

数年前から、ノンスティック加工がされたクッカーを使
う様になって随分と調理後の片付けが楽になった我が家。

炊事場が無くても片付けが苦にならない。
洗剤だって無くても良い。
基本我が家のクッカーは全て焦げ付きません。
だから後片付けが楽。
ここに新しくハーフパイントマグが加わるのです。

アヒージョ辺りを作るのに良さげ!

来シーズンへの妄想は始まっている。

Trangia Half Pint Mug Black Version
Material Aluminum
Weight 54g
Size 95 × 50 mm
Capacity 0.34L
Made in Sweden

mug4.JPG

mug1.JPG


posted by 石川やあこふ at 21:13| Comment(0) | キャンプアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする